グローバルマーケットで日本食の魅力を伝える
ハンドメイド「うどん」のブランド形成

KOYA
KOYA LONDON - JAPANESE UDON RESTAURANT

ロンドン、ソーホー地区のフリス・ストリートにオープンしたイギリス初のうどん専門レストラン。出汁からこだわった本格的な讃岐うどんに加え、イギリスの朝食スタイルであるフル・ブレックファストを組み合わせて、インターナショナルに楽しむことのできるレシピを提案しています。ACTANTはロゴタイプやメニューなど一連のコミュニケーションツールをデザインし、「うどん」という日本伝統のフードカルチャーをロンドンという文脈で受け入れられやすいようにトランスレートしました。

Category
CultureLifestyle
Site/Year
London, UK / 2009-2018
Services
ブランディング / ビジュアルアイデンティティ / サインデザイン

Approach

ひらがなをロゴマークとしてあしらう

英語圏では可読性の低いひらがなをあえてロゴマークとしてあしらい、曲線の多いうどんの形状を表現しました。日本人が見ればロゴタイプとして機能しますが、イギリス人が見るとうどんが絡みあっているような日本文化を象徴する不思議な形状に見えます。オープンから10年で多店舗展開も実現し、新しい日本食という認知を越えて、地元に馴染んだ日常づかいのお店として受け入れられるようブランドが成長しています。

Related projects

  • 保険会社

    顧客体験と従業員体験を同時に
    住宅ローン検討フローにおけるDXのデザイン

  • 交通事業者

    部門横断型の新規事業デザイン
    鉄道会社のビジョンを地域とともにつくる