Our Thinking


ACTANT(アクタント)という会社をつくってから約二年半。その間ACTANTという社名の由来はなんなのか質問されることが多々ありました。学術的な用語を引用したものの、メンバー間でも意味の共有をそこま…


ACTANTでインターンをしている岩渕です。

この記事ではインターンの目線で、ACTANTの特徴を紹介したいと思います。

働き始めて感じた1つの大きな特徴は、ACTANTはスタートアップのエージェンシーですが、新しいサービスデザイン手法の実験・手法化を検討する「ラボ」機能と、サービスデザイン手法の実践、企業への展開を行う「コンサル」機能を噛み合わせて回している点だと思います。


前回の記事で指摘したように、今日の社会では様々なモノが人々のサービス交換の手段として役立っています。工業化を通じてそのようなサービスの媒介手段(=製品)が大量に生み出され、人々に多大なる恩恵をもたらし…


日本語としては「サービス」+「デザイン」で「サービスデザイン」だな、ということはわかると思いますが、そういう意味ではなく、固有名詞として昨今サービスデザインという言葉が話題を呼んでいます。
このサービスデザインという言葉は、欧米では、数年前に話題になったデザイン思考(Design Thinking/デザインシンキング)という概念を具体的にビジネスに落とし込む、という文脈で用いられています。